富山の工務店ジョイハウス 設計士

リフォームでのあるある

ブログ by NOMURA

いつも見てくれてありがとうございます。

 

リフォームの現場にて、既存の木製幅木(はばき:壁と床の境目に取り付ける部材)が付いた空間の部分工事に、既製品の幅木が新設されているのを見かけることがあります。他が良く仕上がっても、既存幅木から既製幅木に繋げるとチグハグで、違和感のある空間になってしまいます。

 

😥それは、仕方のないことなのでしょうか?

 

ジョイハウスでは加工場があるので、お客様のご要望があればなるべく既存の材料に合わせて加工し、違和感なく、統一感のある空間に仕上げることが出来ます❗️

 

今回は、そんな既存の幅木に合わせて造作した例を紹介します。

 

 

 

↓施工イメージ

 

 

まずは木材から必要な長さ、幅、高さを切り取り、材料を直角に真っ直ぐな材に“自動かんな盤”にて製材します。

製材の様子

 

 

 

木取りした材…幅木、廻り縁、額縁、などなど、たくさんできました。

 

 

 

 

次は、既存の幅木の形に加工していきます。

 

 

 

現場にて、既存の幅木に合わせて微調整していきます。

既存の幅木が途中で切れてる状態(写真左)から

造作した幅木を取り付けた状態(写真右)へと施工しました!

 

 

 

高さも幅も完璧でした✌️ この後に塗装をすることで、もっともっとそっくりになっていくでしょう😆🎶

お客様も大満足❗️

今のお住まいに合わせたリフォーム、リノベーションも得意としてますので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

 

このブログの他にも、個人のInstagram carpenter_nomura で違う現場の仕事などをアップしています。 ぜひとも、こんな大工さんがしてるんだと思っていただければ、幸いです‼️m(_ _)m

社員大工さん/野村

 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

スタッフの日常を日々更新しています。

ぜひご覧ください。

Facebook ▶Instagram ▶YouTube

こちらをクリック!

たくさんの「フォロー」「いいね!」 お待ちしております♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

 

 

ARCHIVES