富山の工務店ジョイハウス 設計士

I様邸 既存木製塀の延長工事(続き)

ブログ by NOMURA

明けましておめでとうございますm(__)m

本年もよろしくお願いします!

 さて、昨年、天候の為、取付出来なかった、既存木製塀ですがようやく取付ることが出来ました。(^_^;)晴れてて良かったです。

土台を既存土台天端に合わせ、伏せ、柱を建てていきました。柱ホゾには、込み栓を打ちました。

こみ栓とは。。。伝統的技法のひとつで、土台、柱、桁の接合方法の一つで、ホゾに穴をほり「込み栓」と言われる堅木を打ち込むことです。

 利点として、柱が自立してしまうだけの強度が出ます。地震による、引き抜きが起きても、倒壊しにくくなります。引き抜き力に強くなります

 

順に、笠木等を取り付けていきます。

DSC_0234

横桟の次は、いよいよ、羽目板を取り付けていきます。

ようやく出来ました。今回は、年越し仕事になってしまい、I様にはご迷惑お掛けしました(>_<)。年明け一発目の仕事にしては、無事に出来てホッとしましたf(^_^;)

今年、私は、最強運の持ち主らしいのでぜひ皆さん、私に関わって下さい!\(^o^)/良いパワーもらえるかも⁉️

                                                      社員大工/野村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のブログ

ARCHIVES