富山の工務店ジョイハウス 設計士

ヘリンボーン

ブログ by 藤城

 

最近、富山の天気がいい日、多くないですか?気のせいかな。

冬の晴れの日は空気が澄んでて、青空がキレイに感じます。

 

 

 

さて、

事務所の改修は着々と進んでおります。

今週は事務所のポイントといえるフローリングを

大工さんに張ってもらっております。

 

 

 

 

一般的な床材より小さな床材を山型に張っていく方法。

ニシンの骨(Herringbone)に見えることから「ヘリンボーン張り」と呼ばれております。

 

 

大工さんも最初は悪戦苦闘しておりましたが

すぐに慣れて、一面一気に張り終えていました!さすがです!

 

 

 

 

やっぱりかわいいですね♥木目がキレイ。

 

 

 

みなさま、フローリングの張り方って

いろんな種類があるのはご存知でしたでしょうか?

 

 

 

 

同じサイズの床材を同じ向きで張っていく「流し張り」が一般的ですが、

長さの違う床材を同じ向きで張る「乱尺張り」(参考:自然素材にこだわった和モダンな家)、

他にも斜めに張ったり、市松模様のような張り方…

もっともっとたくさんの種類があります。

 

 

 

張る向きを変えるだけで、光の当たり具合で木目の見え方が変わったりします。

これから家づくりをされる方は、

床の材質だけでなく、張り方にも注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

Facebook にてスタッフの日常を日々更新しています。

ぜひご覧ください。

大沢野土建工業株式会社/Joy House Facebookページ

こちらをクリック!

たくさんの「いいね!」 お待ちしております♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

 

 

 

 

次のブログ

前のブログ

ARCHIVES